平日も土日祝もいつでもお気軽に来場予約受付中!! ご予約の上、ご来場いただいた方にQUOカードプレゼント!! 平日の内情なら2000円 土日祝の来場なら1000円 来場予約

子ども部屋の広さって実際どれくらいがベストなの?

お家づくりで気になる問題の1つ。それはやっぱり子ども部屋の広さ問題。

 

広いお部屋で思いっきり遊ばせてあげたい!
自分のお部屋だけじゃなくてリビングでも過ごしてほしいな・・
小さいうちはまだ使わないし・・
兄弟の部屋割りはどうしたらいいんだろう?

 

などなど、他にもお悩みが尽きないですよね…

だけどせっかくのお家づくり、お子さまの喜ぶお顔もみたいですよね!
部屋が大きいから良い、小さいのは良くないということは全くないし、逆に小さいから良い、大きいのは良くないということもありません。

一般的には4.5畳~6畳のお部屋を採用されることが多いですが、そのご家庭で重視するポイントに合わせて決めるのがベストな子ども部屋の大きさなのです。

例えば、できるだけプライベートを重視してあげたいなとか、できるだけリビングで過ごす時間を多くさせたいなとか。
お子さまの年齢や兄弟構成も広さを決める上で大切なポイントです。

 

 

〇プライベート空間を重視してあげたいな…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お子さまの年齢が高いご家庭や異性の兄弟がいる場合など、プライベート空間を重視してあげたいときには6畳くらいがおすすめです。
6畳は、ベッドと机にプラスで自由に使えるスペースが確保されるイメージです。
趣味のものを置いてもよし、お友達を呼んで遊ぶのもよし。
レイアウトを工夫してお部屋づくりをこだわれるのも楽しいですよね!

 

〇できるだけリビングで過ごしてほしいな…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プライベート空間も必要だけれど、できれば家族一緒にリビングで過ごしてほしいときには4.5畳くらいのお部屋がおすすめです。
4.5畳はベッドと机を置くと自由なスペースがあまり残らないイメージです。
快適すぎないくらいがちょうどいい。寝るときと勉強するときは自分の部屋、それ以外はリビングで過ごすとメリハリもつくので気持ちの切り替えができるのがいいですね!

 

〇異性の兄弟がいるから別々のお部屋がいいかな?小さいうちはまだ使わないかな…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は子どもたちが小さいから、広い子ども部屋で遊ばせてあげたいけど、将来的には別々のお部屋にしてあげたい。
そんなときは1つのお部屋にドアを2個つけておき、将来壁で仕切れば2つのお部屋になるようにする方法があります。
壁で完全に仕切ってしまわなくたって、棚で仕切ったり中央に2段ベッドを置いてみたりして仕切れば工事費用なしでも2つの空間をつくることもできます。

 

 

いかがでしたでしょうか。
実際に広さを体感してイメージしてみたい方、建売物件やモデルハウスもございますので、ぜひ一度私たちにご相談ください。
ご来店お待ちしております。